車のメンテナンス

長く車を使うために

車のメンテナンス header image 2

潤滑剤は用途に合わせて様々な種類があるってご存知ですか?

2015年05月25日 · コメント(0) · 未分類

自動車で使う機会のある潤滑剤として発表されているものは数多く存在しており、利用先のパーツに合わせて選択することが必要になります。クリーナー系の場合でも複数のものがあり、ボディ用の場合では比較的刺激などの少ないタイプが利用されており、フレームなどの頑固な汚れに対しては、強固な力を発揮するクリーナーも用意されています。錆対策用として発表されているものも存在しており、その中にはグリースに分類されているものも存在しています。このタイプではナットやボルトなどに対して用いる場面もあり、主に金属製のパーツが腐食してしまうことが無いように配慮することを目的としています。防錆剤の中には、スプレー式のタイプも存在しており、利用方法としては例えばナンバープレートのナットなどに対しても、効果的に利用することができます。他にはラバー部分に利用する潤滑油なども存在しており、このタイプの場合ではミスト状のものが多く、ラバー部分にひび割れなどが発生しないように施すことができます。潤滑油は非常に役立つアイテムになりますが、ボディに関しては付着してしまうことによって、汚れや埃を寄せ付けてしまうタイプもあるために、利用時には注意が必要なケースも出てきます。山02

タグ :

コメント (0)

コメントを受け付けておりません。